ドイツ発の鉄道模型、老舗メルクリンの魅力!

世界最大のシェアを誇るドイツの鉄道模型メーカー「メルクリン」は海外鉄道模型の始めるなら必須のメーカーと言っても過言ではありません。量産品ながら作りの良さも魅力のドイツメーカーの魅力に迫ります。

メルクリンならではの工夫と機能性

メルクリン製品の中心ともいえるHOゲージは日本の主流であるNゲージより車輌サイズは大きいですが、小回りが効くためNゲージとほぼ同等のスペースがあれば走らせることが可能です。急カーブをまがれる設計はメルクリン製品の大きな特長といえるでしょう。海外鉄道模型を始めたい初心者の方でも臆することなく挑戦できるでしょう。

簡単操作でギミックのパターンもしっかり

子供と鉄道模型を楽しみたいというお父さんも多いのではないでしょうか?メルクリン製品は簡単な操作で、警笛などの効果音を制御できます。また給電システムは中央の給電レールを使うため安定した動作を得ることができます。これにより配線をシンプルにできるという大きなメリットもあります。

デジタル制御で車輌をコントロールする利点

メルクリンの車輌にはデコーダー(受信機)が搭載されており、コントローラーで別々に制御します、ですので複数の車輌がレール上にあってもそれぞれが別個にコントロールできるのです。デコーダーを搭載したことによりリアルなサウンドも再現できるようになっています。また、従来のアナログレイアウト上でも普通に走行させることができます。

初心者の「お座敷」レイアウトにもオススメです

メルクリンの「Cトラック」レールは付け外しが簡単な構造です、ジオラマもいいけどコースを作って走らせてみたい、という初心者の方やライトユーザーに最適な選択です。またメルクリンの車輌はメンテナンスが簡単にできるようガイドが添付されています。

関連する記事